非の打ち所がない、というのは小心者にとっては贅沢な悩みでもある。
じゃあいつ非の打ち所を見つけてしまうのかという恐怖に常にさらされることとなるため。